2019年6月18日 (火)

共同墓地について 一般質問しました

管理費用を抑え、市民が利用しやすい共同墓地の設置を
令和4年~募集開始 市営墓園B地区2000体を予定

市営墓園内への共同墓地の設置について6月14日に一般質問を行いました。
 現在、市では、市営墓園内に共同墓地の設置を予定しています。工藤かおる元市議が共同墓地を設置するように議会で繰り返し質問してきた成果です。


 (1)市営墓園利用者に第2次のアンケートを行っていますが、結果はどのようになっていますか。焼骨の数、計画案に対する感想は届いていますか。(2)設置場所はどこか。設置予定の共同墓地の規模はどれくらいのものか。どのような墓地を考えているか。(3)設置のスケジュールはどのようになっているか。(4)焼骨の管理について。御遺骨1体あたり12万円~13万円は高い。低所得者への補助などは考えていますか。(5)市営墓園利用者以外の市民にも広く利用してもらえるように考えていることはありますか。
以上5点について質問しました。


 市長部局は

(1)のアンケートの集計結果については5月27日に締め切ったが、まだアンケートが届いている。集計でき次第公表していきたい。
(2)市営墓園内B地区に350㎡の地域に樹林型合葬墓を予定している。収容できる御遺骨は2000体を考えている。
(3)令和4年から募集開始を予定している。詳細なスケジュールは決まり次第明示していきたい。
(4)管理費用については高いと考えていない。額については今後検討していきたい。
(5)市営墓苑利用者以外への利用については、空きができ次第検討していく。

と答弁しました。


 私は、

「現在市営墓園を利用しているが、後継ぎがいない。家族の焼骨が複数ある。共同墓地に入ろうとすると、焼骨分の管理費用(1体12~13万円)骨を粉骨する費用(1体1万5千円~3万円)もかかる。現在利用している墓地の撤去費用も何十万円もかかる。合わせれば100万円以上かかる。これでは移ろうにも移れない。都立霊園は霊園利用者が合葬墓に移る時の費用は無料だ。新座市も市民のことを考えて価格を設定してい欲しい。」

という市民の声を紹介しました。

また、都立霊園では、粉骨した焼骨の管理費用は3分の1(12万8千円が4万2千円に)となります。今秋に公募予定の「さいたま市の思い出の里市営霊園」は1体10万円ですが粉骨にする必要はありません。小野議員は「こうした他の自治体と比べても市の管理費用は高額になっているのではないか」とさらに追及しました。

 市長は、「高いとは思わないが、今後、額について(変更も)検討していく」と答弁しました。

No1611

2019年6月16日 (日)

第41回脱原発にいざウォーキング

 第41回脱原発にいざウォーキングが6月16日に開催されました。

香港のデモや同日に東京で行われた「年金返せデモ」と連帯する意味も込めて「香港がんばれ!」「戦闘機買うなら年金返せ」のコールが追加されました。


 ジョニーHさんのギターに合わせて、歌ってアピールも。三軒屋公園から志木駅南口、ホームセンター島忠をコールして歩きました。


 集会では小野大輔市議が市議会で取り上げた「文部科学省が市内全小中学生に配布した放射線副読本について」話しました。安全性だけが強調されたこの副読本は兵庫県野洲市では教育委員会が回収を行っています。


 参加者は約60名。マンションから出て手を振ってくれる人がたくさんいました。


 Img_0334  次回は8月18日(日)です。

2019年6月12日 (水)

6月14日【金】一般質問します。要旨です。

6月14日【金】に一般質問します!

ぜひ傍聴へお越しください。

 

1、市営墓園内に共同墓地を設置することについて

 

(1)共同墓地設置のアンケートの集計結果について

 

 市営墓園の利用者への第2次アンケートの結果はどのようになっていますか。共同墓地を希望する方の人数、焼骨の数、計画案への感想など教えてください。(資料要求:アンケートの集計結果がわかるもの)

 

(2)設置場所のスペースについて

 

 計画案ではB区画に設置したいとあります。どのような規模でどんな墓地を考えていますか。(資料要求:設置場所がわかるもの)

 

(3)設置のスケジュールについて

 

 市民の方からは、「手元にある焼骨を共同墓地があれば安置させてもらいたい」という声をたくさんいただいている。将来、お墓を持たないという選択肢をする若い人たちもいます。なるべく早く設置をすべきと考えます。設置へのスケジュールはどのようになっていますか。

 

(4)管理・管理費用について

 

 焼骨の管理はどのように行っていくのですか。計画案では、御遺骨一体あたり1213万円とあり、御遺骨を粉状作業に要する経費もかかります。低所得者への助成はどのように考えていますか。

 

(5)共同墓地の利用について

 

 市営墓園利用者以外にも、共同墓地の設置を望む声を多く聞きます。市営墓園利用者だけでなく、広く市民が利用できる共同墓地にするべきだと考えます。今後、広く市民に利用してもらうためにどのように考えていますか。

 

 

 

2、新座駅の早朝時の無人化について

 

 新座駅では、早朝始発から630分ごろまで無人駅となっている。早朝時に事故が起これば対応が遅れ、混乱することが予想されます。また、障がい者の方の利用も制限されます。職員を配置して、市民の利便性、安全性を確保すべきと考えます。JRに改善してもらえるように働きかけるべきではないでしょうか。

 

 

 

3、原発政策について

 

(1)原発ゼロの発信を

 

原発に依存したエネルギー政策に未来はありません。原発ゼロを決断し再生可能エネルギーへの転換こそ将来の日本が進むべき道です。原発ゼロ、脱原発を新座市から発信してください。

 

 

 

(2)放射線副読本について

 

 放射線副読本が市内小中学校の生徒に配布されました。子どもたちが事実を知って、その知識の元で原発や放射線のことを判断してもらいたいと思います。平成309月に発行された放射線副読本は4年前の副読本と比べて福島原発事故を過小評価し、事故を過去のものとする内容になっています。例えば、今回の副読本では最も深刻な事故であることを示す「レベル7」という記述がありません。野洲市では放射線副読本を回収しました。新座市でも対応を図るべきではないでしょうか。

 

 

 

4、核兵器廃絶の取り組みについて

 

(1)核兵器禁止条約について

 

 20177月核兵器禁止条約が採択されました。50か国が条約に批准すれば、90日後に発効する条約です。現在70か国が条約に署名し、23か国が批准しています。長崎市長、広島市長は政府が条約に署名することを求めて発信を続けています。市長としても被爆者の悲願でもある核兵器禁止条約に日本政府が署名するように発信をしてください。

 

(2)新座市平和展の充実について

 

 去年の平和展では高校生が描いたヒロシマの原爆絵画展を開催しました。周知を徹底するとともに、さらなる充実を図ってください。

 

 

 

5、滋賀県大津市の交通事故について

 

58日滋賀県大津市で信号待ちの保育園児に自動車が突っ込むという痛ましい事故が起きました。市内保育園へ改めて、散歩時の安全確認や職員の配置などを徹底すべきと考えます。新座市の対応はどのようにいなっていますか。

 

 

2019年6月 3日 (月)

青年未来を語るシンポジウム

 5月26日大宮ソニックシティで「青年の未来を考えるシンポジウム」が開催されました。

 若い世代に広がる「生きづらさ」は、社会の仕組みやルール、日本の政治によるものです。選挙がある今年、新しい政治を実現できる可能性が拡がっています。シンポジウムでは、「若い世代に必要なこと」「私たちにできること」考えあい、ひとりひとりが社会の主人公になれるように学びあおうと民主青年同盟と日本共産党埼玉県委員会が共催しました。
 ゲストスピーカーは子ども・若者支援ネットワークの白鳥勲さん、東京法律事務所弁護士の青龍美和子さん、NPO法人ほっとプラスの藤田孝典さん、日本共産党県民運動委員長の伊藤岳さんです。

 Img_0232

 

 白鳥さんは不登校の児童を支援してきた経験を紹介。不登校の生徒は全体の2%だが、そのうち貧困世帯は20%。1999年~2009年の間で貧困世帯が増えてきている。労働者派遣法など政治が 家庭環境の悪化を招いてきた。子ども達にとっては温かく見守ってくれる大人の存在が必要だと話します。
 藤田さんはソーシャルワーカーとしてシングルマザー、ワーキングプアの人々との関ってきました。貧困の原因は雇用の現場にあり、低賃金で働かされる問題について、企業と団体交渉し時給を300円値上げした経験を紹介しました。月5万円、年間60万円の賃上げになった。権利は要求しないと実現しない。若い人たちにはこの経験をしてほしい。どうか、何も組織に入っていない人には、力を合わせて要求を勝ち取る経験をしてほしいと訴えました。
 青龍さんは明日若の会(明日の自由を守る若手弁護士の会)弁護士として、憲法カフェなどで性の平等、女性の権利について講演を行ってきました。韓国では主権者意識が強いおかしいと思ったことを声に出す文化で文政権が生まれた。日本は主権者意識が弱いと思う。例えば、フィンランドの女性議員の比率は45%。男女の賃金の差は15%で日本の30%の半分です。フィンランドの女性活動家に話を聴くと運動をしないと私たちの権利が後退するだから続けるんだと話していました。
 伊藤さんは統一地方選挙の低投票率について、国民が今の政治に諦めが出ているとし、政治がそれに応える希望を語ることが大事だと話しました。奨学金の返済を51歳までかかる若者がいる。自己責任ではない。共産党は学費を半額にして、学生70万人に月3万円の給付制の奨学金制度を作ることを提案している。財源は、大企業への法人税の減税を止める。株で大もうけしている年収1億円を超える人たちへの優遇制度を改めるなどすれば7.5兆円の財源を作れます。異常な政治を日常的な活動で変えていこうと訴えました。

2019年4月29日 (月)

本日も訪問行動

今日は新座団地地域を訪問。

さすがに、平松氏に間違われることはありませんでした。

団地に住んでいますからね。

劣化していた空き家の相談を受けていて、その方々にも訪問してきました。

連休前に、市から不動産屋から空き家を撤去するとの報告がありました。

屋根が抜け、崖に建っている空き家だったため、台風や地震など災害時は危険だと不安の声があがっていました。

いい報告ができて皆さんから喜ばれました。

引き続き、要求実現にがんばります。

 

1095bf5546564ba9ad7a697e0673c00a

選挙のご報告

72824c312c214e6d9e95a9b9dc96cbbe Eb3a172662034193903539f720df0072 県議会議員選挙のご報告に、支持してくださった方をまわりした。

私は「だいすけ」という名前なので、会って第一声、「おめでとう」とよく言われます。

「県議会議員の候補になっていないし、当選もしてないんだけどなぁ。」と思いながら、今回は至らず申し訳ありません。

「皆さんとの約束実現のために、また、がんばります」とお話をしています。

最後に「6月議会がまだあります。地域のことでお困り事がありましたら教えてください」と名刺を渡して、地域要求を教えて貰いました。

2019年4月21日 (日)

第40回 脱原発にいざウォーキング

第40回目になる「脱原発にいざウォーキング」が4月21日に行われました。

 ジョニー・Hさん、IZUTAKAYAさんが音楽で盛り上げてウォーキング。「東海原発再稼働反対」「原発なくそう」「福島返せ」「子どもを守ろう」など声を上げて志木駅南口ロータリー、志木街道を歩きました。参加者は50名。沿道の高校生が手拍子するなど楽しいウォーキングとなりました。参加者の一人は「将来の子どもたちに原発のない日本を、大人の責任で手渡したい」と話していました。

 偶数月の第3日曜日に脱原発にいざ市民の会主催で開催されています。1回目から数えて、6年と8か月も続いています。
 次回の脱原発ウォーキングは6月16日13時半~三軒屋公園で開催します。ぜひご参加ください。

Photo

 

» 続きを読む

2018年11月27日 (火)

学童・図書館が指定管理の指定、フットサルコートの利用料値上げ

にいざ民報ができました。

市議会が開会します。学童・図書館の指定管理者の指定が案件に入っています。

フットサルコート利用料の値上げ案も審議されます。2時間6000円も値上げです。

ぜひ傍聴にお越しください。





2018年11月26日 (月)

第38回脱原発にいざウォーキング

今年最後のウォーキングです。
ぜひご参加ください。
Img_2263
東海第2原発が再稼働されようとしています。
新座市まで125キロ圏内にある原発です。
しかも、40年以上稼働した老朽原発で、東日本大震災で津波によって被災しています。
お金を出すのは東京電力と東北電力です。
私たちが払っている電気料金から出ています。
一緒に怒りの声を上げてください。歩いていください。
原発の事故の収束も原因究明もできていないのに再稼働しようというのが安倍政権です。

2018年11月25日 (日)

芋煮会

毎年恒例の芋煮会の準備。

40年前にフランス料理を作っていたという会員さんが鍋をかき混ぜています。

本日はクリーンデー、市民清掃の日です。

私は、宣伝して、芋煮の準備、そして、芋煮会です。

「美味しかったよ!」「具だくさんで嬉しいね」など声をかけられて、また来年もがんばろうとなります。

今年はお子さん連れのお父さんとお母さんが何人も参加してくれました。

最近、団地も若い人や外人が増えてきました。

新しい自治会の在り方を模索中です。








«野火止地域で、、、

フォト

facebook

  • 小野だいすけのフェイスブック

ツイッター

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ