2017年6月 9日 (金)

原水爆禁止世界大会2017

パンフレットを買いました!

1冊300円。

今年は長崎です。

そして、世界では核兵器禁止条約ができるかもしれません!画期的な大会になるかもしれません。



2017年2月19日 (日)

第27回脱原発にいざウォーキング

本日の第27回脱原発にいざウォーキング。

参加者は60名。ちょっと少ないかな。暖かい陽気で歩きやすかったです。

集会ではジョニーHさんが歌ってくれました!「暗くなる歌を歌います」と言って会場を盛り上げる歌を三曲歌ってくれました。

ウォーキングは、志木駅南口ロータリーを二回も廻ってスピーチとシュプレヒコール。「声を上げ続けた結果が再稼働にストップをかけたんです。もんじゅを廃炉に追い込んだんです。一緒に声をあげてください。」と沿道の人達にも訴えました。

市民と語る会の木村俊彦議員が司会を務めました。

共産党からは笠原進市議が参加しました。

私はハンドマイクを持ってました。後は写真係です。







2016年12月18日 (日)

第26回脱原発にいざウォーキング

第26回脱原発にいざウォーキング!

偶数月の第3日曜日にかいさいしています!







2016年12月 4日 (日)

「本物の奨学金を」若者がデモ行動 @大宮駅東口

12月4日大宮駅東口に「本物の奨学金を」のプラカードを持った若者が続々と集まりました。呼びかけたのは、rights to study@ 埼玉 ~本物の奨学金のための緊急行動~で今回初めて埼玉県でデモと宣伝を行いました。

大宮駅東口の宣伝で始めのマイクを持って訴えたのは森本舜さん。「4年生の大学を出るために奨学金480万円を借りました。返済は通常月25000円を20年間。介護で働く母子家庭の私にとっては返済は容易ではありません。毎年返済の減額申請を出して、返済額を半分にしてもらっています。しかし、減額できるのは、10年までです。返済期間は減額返済を使っているので30年、私はその時52歳になっています。将来の日本を背負って立つ若者に借金をさせて学ばせるこんな理不尽な国はありません。この国の奨学金ではなく借金です。ローンではなく本当の奨学金を実現できるために私は行動します。」デモへの参加を訴えました。学生、埼玉県のママの会、教職員OBなどが次々と発言しました。

集会には、自由党の小沢一郎代表、社民党の佐藤征治朗埼玉県連代表よりメッセージが届けられました。小沢代表は「私たち自由党は皆さんと力を合わせてこの状況を打開するためにしっかりと行動して参る所存です。皆さんが主張されている「本当の」の奨学金制度の充実のためにともにがんばりましよう。国づくりは人づくり。(中略)高い志を持つ若者が安心して学業に専念できる環境をつくることこそ、政治の責任であります。」佐藤代表は「給食費の無償化、給付型・ゼロ金利・マイナス金利の奨学金制度の拡充に向けて全力で皆さんの声と思いを地方自治体議会及び国会につなげます。」とメッセージが寄せられ、参加者を励ましました。

デモの参加は50名。サウンドカーの後ろをデモ列が行進。「返済いらない奨学金を」「本物の奨学金を」「教育は権利だ」など音楽と太鼓のリズムに合わせてシュプレッヒコールをあげて歩きました。

日本共産党からは、柳下県議会議員、伊藤岳県民運動委員長、辻みき市議、小野だいすけ市議が参加しました。







2016年11月13日 (日)

梅ちゃんと今こそガッツリ共産党。

県民活動センターへ

「梅ちゃんと今こそガッツリ!共産党。」

13時半〜です。奨学金のこと、日本の世界1高い学費のこと、ブラック企業・ブラックバイトのこと。若者が気になっていることを梅ちゃんが語ります。



梅ちゃん登場!




梅ちゃんこと日本共産党新座衆議院議員梅村さえこさんが語ってくれました。

収穫祭とボランティアまつり

本日は新座市役所で収穫祭、近くにある社会福祉協議会でボランティアまつりへ

美味しそうな野菜がたくさん並んでます。入賞した野菜はピカピカしています。

出店もたくさん並んでいます。

私は「焼きびん」を買いました。

そして骨密度と血管年齢を測りました。結果は内緒です。

















2016年11月12日 (土)

地域のつどいへ

志位さんの話を聞いてどんな感想が出るかな。

地域要望もたくさん出していただきたい。

もうすぐ12月議会が始まります。地域の声をしっかり議会へ届けます。



2016年11月10日 (木)

返済不要の奨学金制度の創設を!!!

貧困の連鎖を断ち切ろう!
学費減免・返済不要の奨学金制度の創設署名

11月10日(木)日本共産党が新座駅南口で「返済不要の奨学金制度の創設と学費減免を求める署名」宣伝を行いました。宣伝は学生が帰る時間の16時半からハンドマイクで訴えました。

署名に応じてくれた方の反応です。十文字大学の学生さんは「こういう署名に取り組んでくれてありがとうございます。寒いですけどがんばってください。」別の学生さんは、「これから奨学金を借りる予定です。説明会に出て借りる事の怖さを知りました。返済不要の奨学金を作るか、学費を減免してほしい。」と話していました。二人の小さいお子さんを連れたお父さんが「本当にそうだよね。うちは二人いるからな。これからお金がかかるよ。」と快く署名に応じてくれました。

宣伝には、新座市議4名で取り組みました。学生だけでなく、子どもや孫が奨学金の返済、高い学費で苦しんでいる父兄の方も署名に快く応じてくれました。学費の問題は若者だけの問題ではありません。高学費と奨学金の返済による貧困の連鎖を断ち切るにはより幅広い取り組みにしていくことが重要では無いでしょうか。







2016年11月 7日 (月)

健康麻雀 新座団地にて

新座団地で開催している「健康麻雀」にお邪魔してきました。

80歳を過ぎても元気にお話ししながら麻雀を打っている方も。

今日は近所の町内からも視察があったそうです。

とても盛況でした。

健康麻雀というのは、お酒を飲まない、賭けをしない、タバコを吸わないでする健康な麻雀のことです。

私もこういう風に年を取っても楽しめる人生を送りたいなぁと思いました。







2016年10月16日 (日)

原発はいらない

偶数月の第3日曜に開催している「脱原発ウォーキング」に参加しました。

場所は志木駅南口から徒歩五分、東北コミセンお隣の三軒屋公園です。

今回は私もコーラーとしてシャウトしました。

今回は、10月なのでいろんな行事と重なり参加者数は少なかったです。(>_<)

でも、50名以上の参加でした。

原発の無い日本を将来の子どもたちへ手渡すために力を合わせましょう。







«「不思議のクニの憲法」上映会

フォト

facebook

  • 小野だいすけのフェイスブック

ツイッター

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ